貸切バスの利用マナーを押さえておこう

公共交通機関と比較すると融通が聞きやすいとされている貸切バスですが、社会での最低限とも言えるようなルールはちゃんと守って楽しめむことが必要です。まずは、時間をきちんと守ることです。集合時間などはいくら貸切バスといっても事前に立てている予定の都合上絶対に守ってもらいたい時間です。

予定よりも大幅に遅刻してしまうと立てていた予定は大きく狂ってしまいますし、周りの人たちにも迷惑をかけてしまうことになってしまいます。また、お客様都合によって遅延が起きてしまった場合には貸切バスの料金が変更になってしまう可能性があります。その結果、バスを提供してくれたバス会社にも迷惑をかけてしまうことになってしまいます。なので、時間に関してはちゃんと気に留めながら行動するようにすべきですね。

「貸切なのだから何をやってもいい」そんな考えは大きな間違いです。貸切バスの車内においても他の公共交通機関と同じように迷惑行為をすることは禁止されています。迷惑行為というのは具体的には泥酔したり、羽目を外して暴れ回ってしまったり、バスの車内の備品を汚したり、壊したりするといったことが該当します。

気の知れた仲間としか利用していないからとそんな行為をしてしまっては運転手さんは安全にバスを走行させるのが困難になってしまいます。その上、もし備品を汚したり壊したりした場合には後日バス会社からその分を弁償する必要性が出てきて、請求書が届くようなことになってしまう他、翌日もバスを利用するといった場合には運行が困難になってしまうということもありえ、その損失分も請求されるということがありますから注意しましょう。

貸切バスの車内で、食べるものによっては制限があるかもしてませんが、飲食をすることは基本的には問題ではありません。ですが、そこで発生したゴミは必ず自分自身で持ち帰る必要があります。中にはバスでの立寄先で見つけたゴミ箱に捨ててしまうといった人もいるかもしれませんが、それもマナーとしてはあまりよくありません。

正直、好ましいものとは言えないので、自宅に帰る時までどこかにポイ捨てするなんて子とはせずに自宅に帰ってから処理するようにしましょう。ゴミを放置して自宅に帰ってしまっては、バス会社の人の手間が増えてしまいとても迷惑になってしまいますし、立寄先でのゴミ箱に捨てるというのも塵も積もれば山となるというもので、自分たちのゴミでゴミ箱がパンパンになってしまってはそこの施設を利用している人、ゴミ処理をする人にも迷惑をかけることになりますよ。