活躍の場が多い貸切バス

小学校の遠足や修学旅行で貸切バスに乗った思い出がある人もたくさんいると思いますが、貸切バスはそれ以外でも多くのシーンで利用されています。企業が研修旅行で使ったり、町内会で旅行などに行くときに利用したり、仲間と出かけるときに大変便利です。

やはり、利用する理由として多くあげられるのが団体旅行です。マイカーで行くと燃料代や高速道路の通行料などがかかりますが、貸切バスだと割安で旅行を楽しめることができるからです。バスを貸し切って自分たちの好きな目的地に行くことができ、観光や散策も時間に縛られることなく満喫できます。車内でも、レクリエーションやおしゃべり、飲食だって楽しめます。バスがプライベート空間となるため、仲間とのコミュニケーションを楽しめみたいときにはぴったりだといえます。

貸切バスを利用するメリットはいろいろありますが、まずはプロのドライバーが運転してくれるので安全だという点です。バス会社の中にはいい加減な会社もありますが多くの会社は安全には大変気を使っていて、自分で運転するよりも安全に移動することができます。

また安く移動できるというのもメリットです。バスは燃費も悪いですし高速道路の通行料も普通車に比べると割高ですが、大型バスは50人乗りですで大人数で移動すると逆に割安になります。ですので友人などと一緒に出掛けるときにマイカーに分乗して移動するのも良いですが、人数が多いときは貸切バスの方がお得な時もあります。運転する必要もありませんし、バスの中でお酒を飲んだりカラオケを楽しめんだりもできてとても楽しめく移動ができると思います。

貸切バスを運行している会社はいくつもあります。特に最近規制緩和が行われ多くのバス会社が誕生しています。その分安全の配慮を怠っているバス会社もたくさんあり、実際に交通死亡事故も起こっています。何よりも安全が第1ですので貸切バスを依頼するときにはバス会社選びも重要です。

そこでおススメなのは日本バス協会が行っている「貸切バス事業者安全性評価認定制度」を参考にすることです。これは日本バス協会が様々な評価基準でバス会社の安全性を評価して、星一つから三つまでの3段階で評価を行っている制度です。この評価制度はかなり厳しいといわれておりとても信頼できますので、ぜひとも参考にしてください。

3つ星評価を得ているのは電鉄会社傘下のバス会社など古くから貸切バスを運行しているバス会社が多いようで、このような会社は運賃は少し高めですがおススメです。